charsetnr 「こと始め」と「こと納め」とは?正月事始めと針供養について

「事八日」「こと始め」「こと納め」何が違う?事始めと針供養について

針供養

事(こと)始めについて
混同されている方がちらほらと、おられます。

かくいう、私も…
確かにややこしい。

こんがらがりつつも、
どこがややこしいのかをピックアップして、
整理してみようと思います。

 

事八日・こと始め・こと納め。違いは?

まずは、ことのようか、
事八日についてみてみます。

2月8日と12月8日を
事の八日」といいます。
「ことの・ようか」または、「ことようか」と呼びます。

この「事の八日」は
一言で言うなら、物事を始めたり納めたりする「神事や行事」が執り行われる日です。
「事始めの吉日」とされることもあります。

 

事八日は「ことはじめ」か?「ことおさめ」か?

「こと始め」だけのイメージが強い
「事八日」ですが、この日に「こと納め」を行う場合もあります。

辞典には、こうあります。

事八日

陰暦一二月八日と二月八日とに行なわれた年中行事。
主として東日本に行なわれ、一方を事始め、一方を事納めとする。

「こと」は小祭、または家庭祭祀の意で、
「こと」の内容は、
年間の農耕儀礼の意味にも
正月祭の意味にも考えられているが、
家々で行なわれる冬祭の意味と思われる。

【事八日】 日本国語大辞典,より引用

 

辞典の解説も、若干曖昧ですね (^^;

2月8日に「事はじめ」
2月8日に「事おさめ」
12月8日に「事はじめ」
12月8日に「事おさめ」

上の組合せすべて「事八日」と言ってOK、
「事八日」は「こと始め」でもあり
「こと納め」でもある、総称となります。

では、どちらが「始まり」で、どちらが「終わり」か

2月が始まりで、12月が終わりでしょ。
そう、仰る方もいるのですが、
どちらと決めつけるものでもないようです。

さらに、小祭や家庭ごとに行う祭祀も
「こと」に含まれるのであれば、
片方の月が「始まり」他方が「終わり」といった具合に
セットであるとも限りませんね。

 

事八日の「コトノカミ」とは?

「事八日」に行うものは、
神事、農耕儀礼、祭、各家庭での祭祀や行事など。

先にも書いた「2月か12月か?」同様、
始める「こと」の内容も、地域や目的によって違ってくるのでした。

「こと」の神様はコトノカミ様と聞きます。

コトノカミ様ってなんの神様?というと、
その存在自体も、曖昧なのです。

 

ことのかみ〔名〕

(「こと」は小祭の意)

二月八日と一二月八日に行なわれる事祭の祭祀対象。

実体は明らかでないが、
長野県下伊那郡では風邪の神とし、子どもたちが神輿を作り、鉦(かね)太鼓をたたいて村境まで送る。

*諸国風俗問状答〔19C前〕備後国福山領風俗問状答・二月・四〇
「阿字村と申に、ことおふと申て、組合を定め家を定候て、こと組の人集り、ことの神と申へ赤豆飯・酒など供へ、人々もたへ申候」

こと‐の‐かみ【事神】 日本国語大辞典より引用

祭祀の対象神なのに、
実体が明らかでないのですね。

仮説を立ててみます

では、こんな仮説を立ててみます。

①コトノカミ様が
新年に訪れる「年神様」だとしたら。

神様をお迎えする準備をする
「事」を「はじめる」のは12月。
よって、こと始めは12月。

②コトノカミ様が
農耕儀礼の「田の神様」だとしたら。

農作業の準備を「はじめる」なら
2月がふさわしそうです。

よって、こと始めは2月。

神様をお迎えする「事」か、
農作業の田畑を耕し始める「事」か、
これだけでも逆転してきます。

民間行事としての「事八日」

様々な民間の信仰や神事が混じりあって
一くくりにまとまっているのかもしれません。

民間の行事としては、
「お事汁(おことじる)」といって
野菜の吸い物を頂く厄払いの風習も
この「事八日」に行われます。

汁の内容も、味噌汁だったり、醤油味の汁だったりと地域により多彩ですが
小豆を入れるのが共通点のようです。
2月と12月のどちらを「ことはじめ」とするかも、
やはりバラバラです。

お事汁

茨城県とくに水戸市付近の地方に多くみられる郷土料理
12月8日のお事納めと2月8日のお事始めを祝うため、この両日だけにつくって食べる。

お事汁 日本大百科全書(ニッポニカ)より引用

 

江戸などで、12月8日の事始めと2月8日の事納めの日に作ったみそ汁。
芋、こんにゃく、小豆(あずき)、人参などを入れて煮た。御事煮。

*諸国風俗問状〔1813〕二月・三五「江戸にてはおこと汁とて、人参・牛房・こんにゃく・あづきなど入たる汁を煮るなり」
*風俗画報‐一二号〔1890〕人事門「家々芋、人参、牛房、蒟蒻、大根、赤小豆にて煮たるお事汁(コトジル)といふを食(くら)ひ」

おこと‐じる【御事汁】 日本国語大辞典より引用

 

この日きまって食べるのが「御事汁」。
芋いも、大根、人参、牛ご蒡ぼう、小豆、蒟こん蒻にゃくなどを具とした味噌汁で、
醬油汁だと「六質汁」「いとこ煮」などという。

事始(ことはじめ) 『日本の歳時記』より一部抜粋引用

 

針供養と「事の八日」

事始めやこと納めの話題と
セットで語られることが多いのが「針供養」。

これもまた、混同しやすいのですが

関東では、2月8日を針供養の日とするのが一般的ですが
関西方面では、2月8日だけでなく
12月8日
(あるいは両日)に針供養を行うことがあるようです。

どちらも「事八日」にあたるので、もちろん、間違いではありません。

ただ、事八日と針供養の密接な関係は、よくわかっていないようです。

針供養とは

2月8日や12月8日に、
針仕事を休み、折れ針や古針を神様にお供えして納める行事。

「針供養」は、江戸時代に始まったとされます。

その起源には諸説あり、
女性の困りごとに対してお祓いをし、
布などを行商していた大道芸人(淡島願人)が広めたとも、
江戸後期の裁縫学校から始まったともいわれています。

 

針供養の神様は?

 

針供養の祭神は「淡島様(あわしまさま)」

住吉大神后・住吉の妃神、
婆利塞女(ばりさいじょ・にょ)と呼ばれることもあります。
※婆利塞女については、別の神様という説もあります

婦人病の治癒、安産、
子宝、裁縫など
女性守護の神様が祀られているのは、和歌山県淡島神社。

少名比古那神(すくなひこなのかみ)など
他にも多くの神様が祀られていますが、
「あわしまさま」の祭日が
3月3日なことも合わせ、特に女性からの信仰が厚い祭神です。

針供養の神事は、各地で行われます。

使い終えた古い針、折れた針などを
豆腐やこんにゃくに刺し、
神社で祓ってもらったり、
川流しや海流しで供養をしたり
塩をかけて土に返します。

豆腐のように色白の美人になれますように、
柔らかい気持ちになれますようにと
願掛けをするのだとか。

「豆腐やこんにゃくで悪いものを吸い取ってもらう」と
解釈している方もいらっしゃいました。

浅草寺や、大阪の太平寺でも針供養の神事がありますね。

 

「旧暦」と「新暦」

 

事の八日。針供養。

どちらも、本来は、昔のカレンダーである
旧暦(陰暦・太陰太陽暦)での2月8日、12月8日のお話。

旧暦の2月8日は、
2019年で見ると3月14日にあたります。

2020年なら3月2日、
2021年なら3月20日、
2022年なら3月10日。

そして、2023年の旧暦2月8日は
「2月27日」と「3月29日(閏月2月8日)」。

※なぜ旧暦の2月8日が2回もあるの?というと、
これは、閏月(うるう月、じゅんげつ)というものなのです。

閏月をごくごく簡単に説明すると、
旧暦(太陰太陽暦・天保壬寅暦)と
二十四節気(春分、冬至など。実際の季節に沿った暦)との
ズレを調整するために入れる月のこと。
同じ月を2回繰り返します。

季節とのズレを修正するために設けた
2度ある2月ですから、
どちらの旧暦2月8日も、通年(の旧暦2月)とは
若干タイミングがずれますね。

針供養に関しては、
現在は新暦の2月8日に行われることが大半ですが、
「事の八日」に関しては、ここもあいまい。
こういったことも、事八日にややこしさに拍車をかける理由でしょう。

現在のカレンダーと比較するなら、
旧暦2月8日は、たいてい3月です。
4月に近い時期であれば季節の変わり目でもあり、
学校や会社も年度末なので「事始めと事納め」も、なんとなくしっくりといきますね。

ただ、最近、
新暦の2月8日を「こと始め」
12月8日を「こと納め」と記しているカレンダーを
多く見かけるようになりました。

旧暦の2月8日と12月8日をそのまま、
新暦でも使うことになったということです。

なぜか?

単に、新暦のお正月に合わせているんですね。
旧暦は身近な暦ではありませんので、
これはごく自然な変化だとは思います。

ただ、その結果、
本来の「事の八日」であった
旧暦上の時期や季節感とは
まったく関係がなくなってきています。

針供養同様に、
古来の行事がそのままスライドされていく可能性は高いですよね。

こういった、数々の
「ややこしい」が重なっているのが現在の「事八日」なのでした。

 

正月「事始め」は、なぜ13日なのか?

正月事始め

あれ!?

「事始め」とは、12月13日を指すのでは?

という方もいらっしゃいます。

はい。
「事始(ことはじ)め」は、12月13日でもあるのです。

 

京都の花街では、
「おことうさんどす~」といって
正月準備の挨拶まわりをなさる
舞妓・芸妓さん達を見かけることがあります。

お忙しいことですね、という意味で
「お事多さん」が元々だとか。

今でも、大晦日などの年末の挨拶で
「おことうさん」と聞いたり、言ってもらえる機会があります。

そして、12月13日を「こと始め」とする
地域や風習もいまだ残っています。

神社仏閣での「すすはらい」は、12月13日に行われます

なぜに13日か?

これも、昔のカレンダーが元になっています。

カレンダーにある吉凶を占う
二十八宿」というものがあります。
高松塚古墳の天井に描かれていた図がこれです。

Wikipediaでは、
正月事始めの項に「二十七宿」となっていますが
混同するので、ここでは「二十八宿」とします。
(インド・中国と江戸時代の数種類の暦が複雑交差しています。)

この「二十八宿」の「」の日。

昔使っていたカレンダー上では、
この鬼の日が12月13日となることから、この日が「吉日」となりました。

鬼と言っても怖いものでなく。
二十八宿の「鬼」は、28区分で一番の吉の日なのです。
結婚と西への旅行以外は、
万事において最高の日、大吉とされています。

この日の習慣が、
新暦になっても変わらずに残ったということですね。

すす払い、すす取り、というのは
要は「年末の大掃除の日」。

針供養も、すす払いも、
お正月前の物忌みに関連があるともいう説もありますが、
さらにややこしくなるので、
ここでは脱線せずにおかせてください。

二十八宿の吉日でもあり、
お正月の準備を「始める」になぞらえて
すす払いの日もまた「ことはじめ」とされるようになりました。
すす払いは、節供、事始め、正月おこし、などとも呼ばれます。

江戸時代頃までは、
12月13日頃から、年末の掃除、
新年の準備を始めていましたが、
徐々に後ろにのびていき、
現在のように年末に行われるのが一般的となりました。

事八日・ことはじめ・ことおさめのまとめ

こんなに多くの「ややこしい」がある
こと始めと、こと納めについてまとめてみました。

事八日には日付が2つあり、
「こと」の「はじめ」とするか
「納め」とするかは、
地方によっても、神様によっても、違いが出てくる。

旧暦と新暦どちらに執り行うかは混在気味。
旧暦ではなく新暦に
日付ごと行事がスライドしてきた。
結果、本来の季節感とは少しずれている。

針供養と事八日は同じ日だが、関連は不明。
正月準備の「すす払い」も「ことはじめ」と呼ばれることがある。

おまけ

以前、祭事に参拝する、
奇抜で個性的な服装の集団と遭遇したことがあります。
服飾やアート、デザイン関係のお仕事や、
それらを学ぶ学生さんなのかなと。

一瞬圧倒されましたが、
若い人たちが、揃ってお寺に参拝される光景は、
年配者としては妙に嬉しい…
ありがたいものだなぁ、と思う光景でした。

私の世代だと、破れた衣類で神様の前になんて!となりがちですが
そう「あえて装う」時代なら、
「破れている」ことの意味自体が違いますよね。
それが正装です、神様もきっと喜んで応援して下さるでしょう。

伝統や文化は、こんなふうに、
形を変えつつ、受け継がれていくものなのかもしれないですね。

参考になったらいいなと願いつつ。
皆様にとってそれぞれの
「事始め」「事納め」でよい、と結論付け。

こんがらがりながら、
とりまとめてみました。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

こんがらがる
参考・こんがらがるって?こんがらかる?こんぐらかる?意味や語源をときほぐそう!

続きを見る

Culture オリンピック

2022/2/20

カーリングをテーマ(題材)にした漫画と小説を集めてみました

※イラストレーターのEarlさんのカーリングのイラストを使わせていただきました Earlさん、ありがとうございます カーリングを題材にした漫画は、 現在ほとんどありません。 おお~っと思わず感嘆してしまうような大技や、 コンマ1秒を争うスピード感。 そういったものとはどこか一線を画す、カーリング競技。 漫画も、派手な競技シーンはほとんどないです。 心の交流や結束が主テーマとなっているハートフルなものから、 ひたすらギャグに突っ走るものまで、いくつか集まりました。 カーリングが題材のまんが一覧 なかいま強「 ...

ReadMore

2月 Culture Sports オリンピック

2022/2/20

アイスホッケーを題材にした漫画をまとめてみた

アイスホッケーを題材にした漫画は、意外と多いです。 しかし! ちゃんとアイスホッケーが描写された作品は数える程。 ただの記号としてのアイスホッケーものや しっかり描かれた漫画も含めて、 アイスホッケーマンガをまとめてみました。 amazonのkindle版があるものは、 試し読みや1巻が無料で読めたりする作品がありますが、 無料の時期が急に変わったりするので、ご紹介できませんでした。 参考にして下さいませ。 アイスホッケー題材のまんが一覧 スピナマラダ! スピナマラダ! 著者:野田サトル 6巻完結 「氷都 ...

ReadMore

Culture Sports

2022/11/15

フィギュアスケートを題材にした漫画をまとめてみた2★昭和の漫画から平成令和まで

※イラストレーターのEarlさんのフィギュアスケートのイラストを使わせていただきました Earlさん、ありがとうございます   フィギュアスケートを扱ったマンガを集めてまとめました。Part2です。 (Part1はこちら) その数が多いので2回に分けての紹介です。 現実の世界でも素晴らしい活躍をする日本人選手たちが現れるなんて、 当時のマンガ読者は想像できたのだろうか。 もしや漫画の影響かも。 バリエーション豊富なフィギュアスケート漫画をチェックしていって下さい。 フィギュアスケートを題材にした ...

ReadMore

Culture Sports

2022/11/15

フィギュアスケートを題材にした漫画をまとめてみた1★昭和の漫画から平成令和まで

多くの漫画家さんたちをも魅了し、美しいストーリーを紡がせるフィギュアスケート。 フィギュアスケートを題材にしたマンガを2回に分けて、まとめて紹介します。 昭和40年代から平成・令和まで、 あんな人もこんな人もフィギュアスケートを題材に選んでいました。 バレエ、ゴルフ、乗馬と並び、金持ちスポーツとも言われるフィギュアスケート。 才能を開花させ、活躍できる人は一握りなのは どんなプロスポーツも同じですが、 設備や環境が揃わないと、練習を継続させることさえ難しいのが氷上の競技。 華やかさ・優雅さとは裏腹に、厳し ...

ReadMore

ウインタースポーツ漫画

Culture Sports オリンピック

2022/2/20

ウィンタースポーツ(冬競技)漫画って何がある?【まとめ】

※イラストレーターのEarlさんのジャンプのイラストを使わせていただきました Earlさん、ありがとうございます   冬のオリンピックをきっかけに、 ウィンタースポーツをテーマにした漫画をまとめてみました。 意外とあるけど・・・古すぎたり人気がないのか、在庫切れや中古のみが多かったです。 人気作家によるものや良作も発見。 フィギュアスケートを題材にした作品が多いのが冬スポーツ・マンガの傾向? フィギュアスケートとアイスホッケー、カーリングは別の記事に移動しました。 それ以外のウインタースポーツ漫 ...

ReadMore

-12月, 1月, 2月, , 行事, 言葉
-, , , , ,