生活 言葉

ダサい?!セカンドバッグとクラッチバッグの由来と違い

かたい

生活 言葉

2021/11/7

コチコチに「かたい」はどの字が正解?「固・堅・硬」の違い

頭がコチコチにかたいは、「固」 コチコチにかたまった土は、「堅」 冷凍でコチコチにかたくなった肉は、「硬」 「かたい」の使い方の違い。 表や一覧にしてまとめてみました。 パッと見てやって下さい。

ReadMore

ピンキリ

言葉

2019/10/7

「ピン」と「キリ」は上下も意味も「ピンキリ」なのです

ピンキリの「ピン」とは。 ピンキリの「キリ」とは。 どっちが上でどっちが下か。 ピンからキリまでとは、 どういう意味か。 時代によって変わってしまった、 ピンキリの上下を由来を含めて、 解説します。

ReadMore

投函

生活 言葉

2019/10/6

郵便物を投函?ポストに投函?意味と行動・3つの「どっち」

ポストと投函にまつわる表現の違い。 利用の仕方についての違いを紹介します。 ・「どっち」が正しい投函の表現か。 ・郵便局かポストか「どっち」が早いのか。 ・2口ポストの「どっち」に投函するのか。 3つの「どっち」に答えようと思います。

ReadMore

森林

言葉

2019/10/3

「山,森,林」の違い「木,樹」の使い分けは「生え方」が大事!

「林」も「森」も辞書では、 「木々が生い茂っている場所」、 「樹木が群がり生えている場所」とあります。 (当たり前ですが)どの辞書にも同じような説明があり、 違いがみえてきません。 日本の「山」には、木が生えています。 これは、世界では珍しいことです。 「日本の山」とは、「日本の森」と言い換えても 良いくらい、山が森になっています。 山と森と林。 どう区別するのか、意味や違い。 語源などをみていきましょう。

ReadMore

山岳峰

言葉

2019/10/2

「山・岳・峰」の違い~〇〇山と〇〇岳はどっちが高い?

「山・岳・峰」の違いは何か。 はっきりした定義や基準はないのですが、 一定の基準や違いがあります。 〇〇山と〇〇岳の違い。 山の数え方。 漢字の成り立ちからも 「山、岳、峰」の違いがわかります。 一緒にみていきましょう。

ReadMore

パラレル

言葉

2019/10/1

「並行・平行・併行・平衡」の違いと意味を比べてみました

あなたと私の意見は、 「へいこう-線」をたどったままだ。 体育祭と文化祭の準備を「へいこう」して行う。 パラレルワールドとは「へいこう-世界」のことだ。 「へいこう」は、平行、並行、併行。 それとも、平衡のどれなのか。 読んでもらえば、すぐにわかります。 一緒にみていきましょう。

ReadMore

六曜

Culture 言葉

2021/11/16

「六曜」暦の読み方とそれぞれの意味~吉凶判断まで

「大安」「友引」「先勝」・・・。 私たちの生活の中にしっかりと、 息づく昔ながらの暦(こよみ)。 普通のカレンダーにのるくらい、 一般的な吉凶判断。 あるいは、占い? この「六曜(ろくよう)」というもの。 人びとが意識するようになったのは、 実は最近のこと。 新しいものだったりします。 「六曜」とはどんなものか。 一緒にみていきましょう。

ReadMore

言葉

2021/11/13

「習得・修得・取得」の意味と違いは分解するとすぐわかる!

例文 次の例文で用いる語句は、 「習得・修得・取得」のいずれかである。 ◯に入るそれぞれの語はなに? 運転技術を◯得して、 仮免試験の知識を◯得。 晴れて、運転免許を◯得できた。 答えは、まとめに記します。 読んでもらえば、すぐにわかるよ!

ReadMore


セカンドバックやクラッチバッグを持つ人は、
これ程に機能的なものはないと言います。
しかし、世間の評価が分かれる小物です。
クラッチバッグを持ち歩く男は有りや無しや?
そもそも、クラッチバッグとセカンドバッグとは何か。
由来や違いの紹介です。

セカンドバッグとクラッチバッグのそもそもの由来と違い

クラッチバッグ
プロ野球選手が贔屓(ひいき)にしている飲食店の近くに私のお気に入りのお店もあります。
年に数回だけですが、プロ野球選手達を横目で見ることになります。

大昔とは、スタイルも違うけどいわゆる「セカンドバッグ」を持ってゾロゾロと歩く彼らの姿を目撃することに。
数年前からあの小脇に抱える小さいカバンが復活したみたい。

いやいや、これは「クラッチバッグ」と呼ぶモノだよ。
と、反論がありそうですが「セカンドバッグ」にしろ「クラッチバッグ」にしろ、
街の通りで持っている人とすれ違うと注目してしまうんですよね。

なぜ「セカンドバッグ」というのか?

「セカンド」ということは、「ファーストバッグ」や「サードバッグ」はあるのか?

そもそものお話から。
洋服はヨーロッパ由来。
なので、ヨーロッパの人々が用いるバッグなどの小物もヨーロッパから始まりました。
ヨーロッパの人がそのバッグなどの小物をいつどこで使ったか。
TPOや状況(シーン)から見てみるとわかります。

ホテルなどに行くとわかるのですが、一定の人が集まる場所には必ずクローク(荷物預かり所)があります。
コートを預け大きいカバンなどを預ける場所です。

そこで、小物登場です。
特にドレスアップした時にはカバンを持ちません。
なにか貴重品や化粧品を持ち歩きたい時に登場するのが本来の「クラッチバッグ」です。
あるいは、「バニティバッグ」とも呼びます。
持ってきたカバンから取り出して使う小物という位置づけですね。

この本来の「クラッチバッグ」や「バニティバッグ」、日本も倣(なら)い使用方法も名前も同じで使っていました。
ただ、昔の日本ではパーティーが開催されるのはごく一部の階層や場所だけです。
クラッチやバニティといった英語も分かりづらかったのでしょう。
ほとんど売れなかったそうです。

そこで、輸入業者さんや販売者が考えたアイデアが名前を変えることでした。
「クラッチバッグ」を「セカンドバッグ」と呼び売り出したのです。
これが大ヒットになります。
もともと、日本には印鑑文化があるので通帳と印鑑を入れて持ち歩くのに丁度よかったのでしょう。
これに、タバコや長サイフ、メガネケースを入れて持ち歩くのに便利だと男性からも支持が広がり爆発的に普及したのでした。

ちなみに、ファーストバッグという名称は今も昔も存在しません。
ファーストもサードもない、セカンド(2nd)バッグです。
日本国中が野球を楽しんでいた時代です。
一塁、二塁のセカンドと聞いて男の人達に「ピン」と響いたのでしょう。

皆がスマートフォンを持つように人々がセカンドバッグを持つことが当たり前の時代がありました。

セカンドバッグとクラッチバッグの違い?

説明した通り、実は同じだったのです。(日本のみ)
形状と名前を変えてはいるけど、使う機能や目的は同じになります。

ヨーロッパのクラッチバッグを日本に持ち込んで、違う用途で普及したセカンドバッグ文化。
名前をクラッチバッグに戻しても「セカンドバッグ」なんです。

ヨーロッパやアメリカでは、クラッチバッグやセカンドバッグを街で持ち歩いている男性はほとんど、見かけません。
アメリカの男性は、トートバッグすら敬遠しますよね。

いい悪いではなく、クラッチバッグやセカンドバッグは日本特有のバッグ文化なんだと思います。

セカンドバッグとクラッチバッグはダサい!?

なぜかそのセカンドバッグ文化は一度、廃れてしまいます。
「ダサい」、「カッコ悪い」という意見が体勢になりました。

その低迷したセカンドバッグ文化がまた、盛り返します。
一度使っていた「クラッチバッグ」という言葉が、セカンドバッグの機能は同じでスタイルと名前を変えて再登場したのが今になります。

セカンドバッグが低迷していた時代には、ファッションショップなどでもらうバッグ(ナイロン製や紙製)や透明のブリーフケース、布製のエコバッグで代替していました。
学生だったら学校のロゴ入りの袋をクラッチバッグ風にして持つなどと形やスタイルは変われど財布や小物を入れるバッグは需要があるのでしょうね。

電子マネーが普及していけば、どうなるんでしょうね。
ICカード類もスマホに集約して持ち歩く必要がなくなるので小さいカバンの需要は先細りかもしれませんね。

家族、兄弟、親戚、職場と女性の比率が高い環境に身を置く私。
あのセカンドバックやクラッチバッグを持つ男性への不評をよく耳にしてきました。

私もあの手の小さいカバンが苦手で、持ち歩いたことがありません。
カッコイイ人でも、持っているのを見ると滑稽に感じるのは私だけでないようです。

ただ、大きいカバンの中から「ポーター」などのクラッチバッグをサッと取り出す人をたまに見かけますがカッコイイです。
タブレットや本などが整理して収納されていて、「できる男やん!?」と思います。

抱えて持ち歩くとダサいのに、取り出すとカッコイイとは難しい小物です。

正月早々に小さいカバンを小脇に抱えた男の集団を見てしまいました。
そのことをキッカケに長々とセカンドバッグについて書いてみました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

Sports

Tags

-生活, 言葉
-,