Sports 行事

ショートトラックスピードスケートとは?五輪ルールと日程

かたい

生活 言葉

2021/11/7

コチコチに「かたい」はどの字が正解?「固・堅・硬」の違い

頭がコチコチにかたいは、「固」 コチコチにかたまった土は、「堅」 冷凍でコチコチにかたくなった肉は、「硬」 「かたい」の使い方の違い。 表や一覧にしてまとめてみました。 パッと見てやって下さい。

ReadMore

ピンキリ

言葉

2019/10/7

「ピン」と「キリ」は上下も意味も「ピンキリ」なのです

ピンキリの「ピン」とは。 ピンキリの「キリ」とは。 どっちが上でどっちが下か。 ピンからキリまでとは、 どういう意味か。 時代によって変わってしまった、 ピンキリの上下を由来を含めて、 解説します。

ReadMore

投函

生活 言葉

2019/10/6

郵便物を投函?ポストに投函?意味と行動・3つの「どっち」

ポストと投函にまつわる表現の違い。 利用の仕方についての違いを紹介します。 ・「どっち」が正しい投函の表現か。 ・郵便局かポストか「どっち」が早いのか。 ・2口ポストの「どっち」に投函するのか。 3つの「どっち」に答えようと思います。

ReadMore

森林

言葉

2019/10/3

「山,森,林」の違い「木,樹」の使い分けは「生え方」が大事!

「林」も「森」も辞書では、 「木々が生い茂っている場所」、 「樹木が群がり生えている場所」とあります。 (当たり前ですが)どの辞書にも同じような説明があり、 違いがみえてきません。 日本の「山」には、木が生えています。 これは、世界では珍しいことです。 「日本の山」とは、「日本の森」と言い換えても 良いくらい、山が森になっています。 山と森と林。 どう区別するのか、意味や違い。 語源などをみていきましょう。

ReadMore

山岳峰

言葉

2019/10/2

「山・岳・峰」の違い~〇〇山と〇〇岳はどっちが高い?

「山・岳・峰」の違いは何か。 はっきりした定義や基準はないのですが、 一定の基準や違いがあります。 〇〇山と〇〇岳の違い。 山の数え方。 漢字の成り立ちからも 「山、岳、峰」の違いがわかります。 一緒にみていきましょう。

ReadMore

パラレル

言葉

2019/10/1

「並行・平行・併行・平衡」の違いと意味を比べてみました

あなたと私の意見は、 「へいこう-線」をたどったままだ。 体育祭と文化祭の準備を「へいこう」して行う。 パラレルワールドとは「へいこう-世界」のことだ。 「へいこう」は、平行、並行、併行。 それとも、平衡のどれなのか。 読んでもらえば、すぐにわかります。 一緒にみていきましょう。

ReadMore

六曜

Culture 言葉

2021/11/16

「六曜」暦の読み方とそれぞれの意味~吉凶判断まで

「大安」「友引」「先勝」・・・。 私たちの生活の中にしっかりと、 息づく昔ながらの暦(こよみ)。 普通のカレンダーにのるくらい、 一般的な吉凶判断。 あるいは、占い? この「六曜(ろくよう)」というもの。 人びとが意識するようになったのは、 実は最近のこと。 新しいものだったりします。 「六曜」とはどんなものか。 一緒にみていきましょう。

ReadMore

言葉

2021/11/13

「習得・修得・取得」の意味と違いは分解するとすぐわかる!

例文 次の例文で用いる語句は、 「習得・修得・取得」のいずれかである。 ◯に入るそれぞれの語はなに? 運転技術を◯得して、 仮免試験の知識を◯得。 晴れて、運転免許を◯得できた。 答えは、まとめに記します。 読んでもらえば、すぐにわかるよ!

ReadMore

ショートトラックスピードスケート

平昌冬季オリンピックの正式種目~
ショートトラック・スピードスケート。

スピードスケートとの違いは?
どんな競技でどんな種目があるのか?

五輪・開催日程の詳細を併せて紹介します。

ショートトラックスピードスケートとは?

ショートトラックスピードスケート(Short track speed skating)はスピードスケートの一形態から昇格して1つの五輪競技になりました。
元々は、アメリカとカナダのみで採用していたスタート方法と関係があります。
通常、国際的には2人1組でスタートするのですがアメリカとカナダのみでは、集団での一斉スタート方式を採用していたのです(1900年代初頭)。
また、スピードスケートとは古くは屋外で行うのが一般的でしたがアメリカとカナダでは、屋内のより狭いスペースで競技大会を開催していたことも関係します。

初期当時のスピードスケートとの違い
異なるスタート方式の違い(マススタート方式)~ショートトラックはマススタートの一斉同時スタート
屋外か屋内かの違い(広さ)~ショートトラックは屋内でより狭い

同じスピードスケートでも地域で違う慣習から枝分かれして別のスポーツ競技が生まれました。
世界的には、アメリカとカナダの北アメリカのみで珍しいのに2カ国の方式がオリンピック競技に採用されたのはなぜなのかは不明です。
1967年に国際スケート連盟は、アメリカ・カナダの独特のスピードスケートを認めて採用しました。
ショートトラック・スピードスケート競技自体に魅力があったのが主な原因でしょうが、北アメリカの国力も関係したのでしょう。
短距離スピードスケートが公開競技ながら初めて開催されたのは、カナダのカルガリー・冬季五輪(1988)からですからね。
正式種目となったのは、1992年のアルベールビル大会よりです。

長らくショートトラック競技で強かった国は、アメリカ・カナダ方式の大元だったであろうイギリスとその英連邦諸国(カナダ、オーストリア)でしたが近年は、アジアの中国や韓国がメダルを多く獲得しています。

日本勢は、1980年代に多くの世界チャンピオンを輩出しオリンピックでは過去に3つのメダルを獲得しています。
※(アルベールビル五輪 石原辰義・河合季信・赤坂雄一・川崎努 男子5000mリレー 銅メダル)、(長野五輪 男子500m西谷岳文選手 金メダル、植松仁選手 銅メダル)

ショートトラックスピードスケート五輪競技のルール

着順で誰が1番、速いかを決する氷上のトラック競技です。
スピードスケートの400mに対してショートトラックスピードスケートは、一周が111.12mの長さを4~6人の一斉スタート方式で競技します。
30m×60mのスケートリンクに楕円形のトラック(111.12m)を設け、500mが4周半、1000mが9周、1500mが13周、3000mが27周、5000mが45周を滑走する。
スタートとフィニッシュラインはなく、コーナーにブロックが置かれている。

短距離500mはスタートダッシュが決めてとなりますが、その他の距離競技では選手間の駆け引きが需要なポイントとなります。

近年は、体格の小さいアジア選手が有利とされパワーよりもテクニック、持久力より瞬発力が勝利に必要だとされる競技です。

競技方法

平昌オリンピックでは、男子・女子で計8種目が開催される。

男子競技個人種目500m、1000m、1500m
団体種目ショートトラック男子リレー 5000m
女子競技個人種目500m、1000m、1500m
団体種目ショートトラック女子リレー 3000m

短距離500m、1000mは4人、長距離1500m以上は6~8人の同時スタート。
上位2-3人が次の試合に進出する順位決着方式を採用。
選手間の接触は許容されているが、故意の妨害は規定違反となる。
規定違反で失格となると次のレースに参加できない。
トラック内の審判員とビデオ判定で違反の有無を審査する。

内側追い越しが可能。
競技滑走中にトラック内側に手をつくことが可能。
反則によって不利を被った選手には「救済処置」として次ラウンドへの進出が認められる。
フィニッシュラインを競技者の装備を含めて先に通過した者が勝者となることから、スケート靴のブレードを足を伸ばして通過させたり体を転倒させたままでも可能とされている。
競技者は、ヘルメット、手袋、膝当て、すね当ての着用義務がある。

リレー競技

1チーム4人(補欠1人)のユニットで1レースを4チームで競技。
リレーを繋ぐ方法は、タッチ方式(次の選手の腰を両手で押す)
最後の2周は1人で滑走する決まりがある。
リレー競技者の滑走する距離は、チーム毎の作戦で決まる。

ショートトラックスケート・平昌五輪の開催日程

日時種目
2月10日女子3000mリレー予選
女子500 m予選
男子1500m予選・決勝
2月13日男子5000mリレー予選
男子1000m予選
女子500m予選・決勝
2月17日女子1500m予選・決勝
男子1000m決勝
2月20日女子1000m予選
男子500m予選
女子3000mリレー決勝
2月22日女子1000m決勝
男子500m決勝
男子5000mリレー決勝

 

いずれも現地時間19:00よりスタートする。

ショートトラックスケートのまとめ

五輪ショートトラック・スピードスケート史上、最多の金メダルを獲得したビクトル・アン(安賢洙)選手(ロシア/韓国)がドーピング関与で平昌オリンピックの出場を禁止されました。

ショートトラックのスピードスケート競技は、不透明な審判判定やクレームの多さから議論の的になってきました。
日本の寺尾選手が不当な誤審で失格になったソルトレイクシティ大会は記憶に新しいです。
ビデオ判定の導入やドーピングなど不正薬物禁止の厳格化で公正公平な競技大会となるよう期待します。

観ていて面白い競技です。
韓国勢が強いこともあり平昌オリンピック競技の中で1,2を争う人気だそうで盛り上がりそうですね。

日本選手たちの健闘を祈って終わりとします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

Sports

Tags

-Sports, 行事
-, ,