伝承 言葉

日本は「にほん」と「 にっぽん」どっちが正解? 違いと由来を解説☆

2019年8月21日

かたい

生活 言葉

2021/11/7

コチコチに「かたい」はどの字が正解?「固・堅・硬」の違い

頭がコチコチにかたいは、「固」 コチコチにかたまった土は、「堅」 冷凍でコチコチにかたくなった肉は、「硬」 「かたい」の使い方の違い。 表や一覧にしてまとめてみました。 パッと見てやって下さい。

ReadMore

ピンキリ

言葉

2019/10/7

「ピン」と「キリ」は上下も意味も「ピンキリ」なのです

ピンキリの「ピン」とは。 ピンキリの「キリ」とは。 どっちが上でどっちが下か。 ピンからキリまでとは、 どういう意味か。 時代によって変わってしまった、 ピンキリの上下を由来を含めて、 解説します。

ReadMore

投函

生活 言葉

2019/10/6

郵便物を投函?ポストに投函?意味と行動・3つの「どっち」

ポストと投函にまつわる表現の違い。 利用の仕方についての違いを紹介します。 ・「どっち」が正しい投函の表現か。 ・郵便局かポストか「どっち」が早いのか。 ・2口ポストの「どっち」に投函するのか。 3つの「どっち」に答えようと思います。

ReadMore

森林

言葉

2019/10/3

「山,森,林」の違い「木,樹」の使い分けは「生え方」が大事!

「林」も「森」も辞書では、 「木々が生い茂っている場所」、 「樹木が群がり生えている場所」とあります。 (当たり前ですが)どの辞書にも同じような説明があり、 違いがみえてきません。 日本の「山」には、木が生えています。 これは、世界では珍しいことです。 「日本の山」とは、「日本の森」と言い換えても 良いくらい、山が森になっています。 山と森と林。 どう区別するのか、意味や違い。 語源などをみていきましょう。

ReadMore

山岳峰

言葉

2019/10/2

「山・岳・峰」の違い~〇〇山と〇〇岳はどっちが高い?

「山・岳・峰」の違いは何か。 はっきりした定義や基準はないのですが、 一定の基準や違いがあります。 〇〇山と〇〇岳の違い。 山の数え方。 漢字の成り立ちからも 「山、岳、峰」の違いがわかります。 一緒にみていきましょう。

ReadMore

パラレル

言葉

2019/10/1

「並行・平行・併行・平衡」の違いと意味を比べてみました

あなたと私の意見は、 「へいこう-線」をたどったままだ。 体育祭と文化祭の準備を「へいこう」して行う。 パラレルワールドとは「へいこう-世界」のことだ。 「へいこう」は、平行、並行、併行。 それとも、平衡のどれなのか。 読んでもらえば、すぐにわかります。 一緒にみていきましょう。

ReadMore

六曜

Culture 言葉

2021/11/16

「六曜」暦の読み方とそれぞれの意味~吉凶判断まで

「大安」「友引」「先勝」・・・。 私たちの生活の中にしっかりと、 息づく昔ながらの暦(こよみ)。 普通のカレンダーにのるくらい、 一般的な吉凶判断。 あるいは、占い? この「六曜(ろくよう)」というもの。 人びとが意識するようになったのは、 実は最近のこと。 新しいものだったりします。 「六曜」とはどんなものか。 一緒にみていきましょう。

ReadMore

言葉

2021/11/13

「習得・修得・取得」の意味と違いは分解するとすぐわかる!

例文 次の例文で用いる語句は、 「習得・修得・取得」のいずれかである。 ◯に入るそれぞれの語はなに? 運転技術を◯得して、 仮免試験の知識を◯得。 晴れて、運転免許を◯得できた。 答えは、まとめに記します。 読んでもらえば、すぐにわかるよ!

ReadMore

nippon
日本の「読み」について。
どっちの読み方が正解なのか。

「にほん」それとも、「にっぽん」?

ホントのところを由来を含めて解説します。

また、ニホンとニッポンのつく
団体・会社名の比較。

日本の古称、別称、異称、美称を紹介します。

どちらが正解?~呼び方の違い

ニホン」か「ニッポン」か。
どちらの発音が正しいのか。

どちらか一方を統一するのは不可能。
よって、どちらでも可能

答えは、「どちらの読みも正しい」です。

1934年(昭和9)に日本を「ニッポン」とすると、
当時の文部省の呼称統一案を決議しましたが、
政府採択には至りませんでした。

2009年麻生内閣において、ニホンとニッポンの2つの呼び方が、
広く通用しており、どちらか一方に統一する必要はない
と答弁することが閣議決定されています。

どちらでもよい」が国の機関で正式決定されました。

国語の教科書でも、「日本」の読み方を1つに定めていません。

NHKでは正式な国号として発音する場合、
「にっぽん」と呼ぶように決めているそうです。
その他のケースでは、「にほん」もありなのだとか。

1912年のストックホルム・オリンピックでは、
「ニッポン」のアルファベット表記をプラカードに示しました。

国際的な「NIPPON」表記は、郵便切手と日本銀行券で使用されています。
切手への表記は1964年の東京オリンピックが契機となりました。

なぜ2つの読み方が存在するの?由来

奈良時代(7世紀後半)には、
国際的に「ニッポン(呉音)」や「ジッポン(漢音)」の読みがあったようです。
平仮名では「にほん」や平安時代の「ひのもと」とする和訳表現もありました。

安土桃山時代、ポルトガル人が編纂した日本語辞典には、
「ニッポン」「ニホン」「ジッポン」が記載されています。
対外的な場合や強調する場合は、「ニッポン」が使われていました。

「ニホン」という言い方は古くからあったそうですが、
普及したのは江戸時代から。

関東、江戸の人達の発声の仕方が大きな要因だとか。
「せっかちだから、言いやすかったから」とされています。

今の日本人が発音する「は行」音は、江戸時代の頃から出来上がったものです。
奈良時代や平安時代の「は行」は、もっと違った発音をしていました。

おそらく「パァピィプペェポォ」や「ファフィフフェフォ」にちかい音だったとする
研究があります。

日本人にとって、「日本」の読み方が2つあるのは遠い昔からのことなのです。
とっても年季の入った「読み方」なんですね。

いまの日本人にとって「日本」を発音するとき、
圧倒的に「ニホン」が言いやすいようです。

国立国語研究所の調査データ(日本語話し言葉コーパス2004年度版)によると、

会話中の発音で「日本」を「ニホン」と発音した比率は96.2%
「日本人」だと「ニホン」が98.2%
「日本語」では、「ニホン」が99.5%
「日本代表」で「ニホン」が80.6%の割合で発音されました。

「ニホン」と「ニッポン」だと、ニホン」と発音する比率が高いですね。

社会の「日本」名表記はどちら派?

社会一般では、「ニホン」と「ニッポン」表記はどちらが優勢でしょうか。
会社名を言葉にするときなどは、気を使いますよね。

ニッポン NIPPONニホン NIHON
NHK日本大学
日本郵便日本航空
ニッポン放送日本経済新聞
日本武道館日本たばこ産業
全日本空輸JR東日本/西日本※
近畿日本鉄道日本ユニシス
西日本鉄道日本相撲協会
日本体育大学日本交通
日本郵便日本オリンピック委員会
日本製鉄NTT東日本
日本電気NTT東日本/西日本※
日本電信電話日本テレビ※
日本郵船日本ガイシ※
日本通運NEXCO中日本/西日本※
日本水産日本コカ・コーラ株式会社
日本ハム日本マクドナルド株式会社
日本維新の会日本共産党
日本橋(大阪)日本橋(東京)
大日本印刷日本生命保険相互会社

※対外的には、NIPPONとする場合、両方の読みがある場合。

日本の他の呼び方は

あきつしま
「秋津(あきつ)」は、「とんぼ」のこと。
秋津島」「秋津洲」あきつしま~「あきづ」とも呼ぶ。
初代神武天皇の巡幸の際に由来[『神武記』から]
孝安天皇の都の名「室秋津島宮」に由来とも。
「大倭豊秋津島」[『古事記』本州の別名として表記]
「大日本豊秋津洲」[『日本書紀』神代に表記]

あしはらなかつくに
「葦原」は、「豊かに葦の生い茂っている原」を意味する。
「中つ国(なかつくに)」は、高天原と黄泉の国の中間世界~日本のこと。
「葦原中国」(あしはらのなかつくに)[『古事記』、『日本書紀』神代]
「豊葦原(とよあしはら)」
豊葦原中国」(とよあしはらなかつくに)
「豊葦原瑞穂国」(とよあしはらのみずほのくに)
- 神意によって稲が豊かに実り、栄える国の意(日本の美称)
「豊葦原之千秋長五百秋之水穂国(とよあしはらのちあきながいほあきのみずほのくに)」[『古事記』]
「豊葦原千五百秋瑞穂国(とよあしはらのちいほあきのみずほのくに)」
[『日本書紀』神代]

うらやすのくに
心安(うらやす)の国、心安らぐ平安の国。日本の美称、雅称。
浦安国」[日本書紀・神武紀]

おおやしま
国生み神話に由来した古称、美称。
~イザナミノミコトが創造した八つの島の総称。
『古事記』では、淡路島・四国・隠岐・九州・壱岐・対馬・佐渡・本州の順に創られた。
「大八島」「太八島」
大八洲」[『養老令』]
「大八洲国」[『日本書紀』神代]

くわしほこちたるくに
精巧な美しい武器(くわしほこ)がたくさん備わっている(ちだる)。
~立派な武器が多くある国。美称。
細矛千足国」[日本書紀・神武紀]

しきしま
大和の別称。
「しきしま」は、欽明天皇の皇居「磯城島金刺宮」(奈良)に由来か。
「師木島」[『古事記』]
「磯城島」「志貴島」[『万葉集』]
敷島」「式島」「城島」などの古称。

たまかきうちのくに
玉垣~皇居や神社を囲んだ垣、神社本殿の境界にめぐらした垣のこと。
「玉牆内国」[日本書紀・神武紀]
「玉垣内国」[『神皇正統記』]

ひのいづるところ
聖徳太子が遣隋使によって煬帝へ送った国書に「日出處」とある
日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す、恙(つつが)無きや
「日出処」(隋書)

ひのもと
「日の本」「日の下」
別称、雅称。

ふそう
扶桑」 中国の伝説にある東方のはてにある巨木(扶木、扶桑木、扶桑樹)から。
転じて日本でも「扶桑」「扶桑国」を使用。

ほつまのくに
整い優れた立派な国を意味する。
「磯輪上秀真国(しわかみの・ほつまのくに)」[日本書紀・神武紀]

みづほのくに
瑞穂~みずみずしい稲穂の実る。
瑞穂国

やまとのくに
大和国~元は、倭国、大養徳国、大倭国。
和州(わしゅう)、神国(しんこく)・神州が別称、美称。

まとめ

日本の呼び方~読み方はどちらでも、正解。

だけど、「にっぽん」の方がやや公式ぽい?
対外的に発音する時や、テレビでは「にっぽん」読みが、
優勢なんですね。
会社名だと、ニッポンの方が多かったです。

そして、最近は「にほん」と発音するのが圧倒的だとわかりました。

歴史的に古くから「にほん」と「にっぽん」の読み方があり、
同時に存在していたのでした。

どっち読みか?
まだ、論争は続きそうです。

日本という国名には、他にたくさんの別称、美称があります。

美しき稲穂が多く実る国、こころ安らかな国、
トンボだとか東方の巨木、優れた武器の国とおもしろいですね。

Sports

Tags

-伝承, 言葉
-, ,