言葉

小春日和とはいつ・誰が決めるの?意味や使い方、季語や名前について

2019年8月24日

かたい

生活 言葉

2021/11/7

コチコチに「かたい」はどの字が正解?「固・堅・硬」の違い

頭がコチコチにかたいは、「固」 コチコチにかたまった土は、「堅」 冷凍でコチコチにかたくなった肉は、「硬」 「かたい」の使い方の違い。 表や一覧にしてまとめてみました。 パッと見てやって下さい。

ReadMore

ピンキリ

言葉

2019/10/7

「ピン」と「キリ」は上下も意味も「ピンキリ」なのです

ピンキリの「ピン」とは。 ピンキリの「キリ」とは。 どっちが上でどっちが下か。 ピンからキリまでとは、 どういう意味か。 時代によって変わってしまった、 ピンキリの上下を由来を含めて、 解説します。

ReadMore

投函

生活 言葉

2019/10/6

郵便物を投函?ポストに投函?意味と行動・3つの「どっち」

ポストと投函にまつわる表現の違い。 利用の仕方についての違いを紹介します。 ・「どっち」が正しい投函の表現か。 ・郵便局かポストか「どっち」が早いのか。 ・2口ポストの「どっち」に投函するのか。 3つの「どっち」に答えようと思います。

ReadMore

森林

言葉

2019/10/3

「山,森,林」の違い「木,樹」の使い分けは「生え方」が大事!

「林」も「森」も辞書では、 「木々が生い茂っている場所」、 「樹木が群がり生えている場所」とあります。 (当たり前ですが)どの辞書にも同じような説明があり、 違いがみえてきません。 日本の「山」には、木が生えています。 これは、世界では珍しいことです。 「日本の山」とは、「日本の森」と言い換えても 良いくらい、山が森になっています。 山と森と林。 どう区別するのか、意味や違い。 語源などをみていきましょう。

ReadMore

山岳峰

言葉

2019/10/2

「山・岳・峰」の違い~〇〇山と〇〇岳はどっちが高い?

「山・岳・峰」の違いは何か。 はっきりした定義や基準はないのですが、 一定の基準や違いがあります。 〇〇山と〇〇岳の違い。 山の数え方。 漢字の成り立ちからも 「山、岳、峰」の違いがわかります。 一緒にみていきましょう。

ReadMore

パラレル

言葉

2019/10/1

「並行・平行・併行・平衡」の違いと意味を比べてみました

あなたと私の意見は、 「へいこう-線」をたどったままだ。 体育祭と文化祭の準備を「へいこう」して行う。 パラレルワールドとは「へいこう-世界」のことだ。 「へいこう」は、平行、並行、併行。 それとも、平衡のどれなのか。 読んでもらえば、すぐにわかります。 一緒にみていきましょう。

ReadMore

六曜

Culture 言葉

2021/11/16

「六曜」暦の読み方とそれぞれの意味~吉凶判断まで

「大安」「友引」「先勝」・・・。 私たちの生活の中にしっかりと、 息づく昔ながらの暦(こよみ)。 普通のカレンダーにのるくらい、 一般的な吉凶判断。 あるいは、占い? この「六曜(ろくよう)」というもの。 人びとが意識するようになったのは、 実は最近のこと。 新しいものだったりします。 「六曜」とはどんなものか。 一緒にみていきましょう。

ReadMore

言葉

2021/11/13

「習得・修得・取得」の意味と違いは分解するとすぐわかる!

例文 次の例文で用いる語句は、 「習得・修得・取得」のいずれかである。 ◯に入るそれぞれの語はなに? 運転技術を◯得して、 仮免試験の知識を◯得。 晴れて、運転免許を◯得できた。 答えは、まとめに記します。 読んでもらえば、すぐにわかるよ!

ReadMore

小春日和

小春日和とは?
小春の季節とは、いつ頃だろう。

小春日和は秋・限定ワード?
誰が「今日は小春日和」を決めている?

インディアン・サマーについて。
名前の「小春」ちゃんは春の子か秋の子なのか。

使い方や季語はどうか?

小春日和について、いろいろと記してみました。

小春・日和~それぞれの意味

小春の季節

旧暦の10月
現在の10月の終わりから12月上旬頃まで。

二四節気だと、晩秋から初冬のあたり。

この時期を「小春」と呼びます。
読みは、「しょうしゅん」または「こはる

旧暦10月の別称に
「小春(こはる)」「小陽春(しょうようしゅん)」
と、いう別称があります。

神無月(かんなづき・かみなしづき)」が代表的な
和風月名です。
逆に、出雲や諏訪では「神在月(かみありづき)」ですね。
鎮祭月、神甞月(かみなづき)ともいいます。

小春日和とは?その意味

穏やかで暖かい晴れの日のこと。
ちょうど、低気圧が日本列島から過ぎ去って、
張り出した(移動性)大陸高気圧が日本をおおい、
何日間か小春日和が続くときがあります。

ただ単に暖かい日だと、「秋晴れ」「秋日和」
~雲ひとつない晴天で、空高く空気が澄んでいること。

小春日和はいつか?

小春の季節~旧暦の10月。
今の11月(10月終わりから12月上旬)に訪れる、
暖かい日々を「小春日和」といいます。

日和とは?

日和」とは空模様のことです。
読みは「ひ・より」です。

日和」単体だと「ひより」
なにか言葉がついて複合語だと「び・より」になります。
「連濁」のことですね。
~下の語句の最初の音が静音から濁音に変化する。

よって、小春日和だと「こはる・びより」です。

よい天気。よい天候。
形勢、くもゆき、事のなりゆき。
また、なにかするのにふさわしい天気のことが「日和」です。

インディアン・サマー

インディアンサマー「Indian Summer」という言葉。
こちらも晩秋、初冬の(9月~11月)頃に、
晴天が続いて日中が高温になる日々を、
北米では、インディアン・サマーと呼ぶそうです。

1778年に使用したと歴史にありますが、起源などは不明。

アメリカ・インディアンがこの季節に狩りをした、
先住民族の人びとがヨーロッパ人に教えたからなど、
諸説あります。

実は、世界中に同様の~晩秋の頃の暖かい日々を示す言葉が存在します。

ドイツやオーストリア、スイスあたりでは"Altweibersommer"
英語に訳すと"old women's summer"、
日本語だと「老女の夏」でしょうか。

ロシアやスラブ語圏だと、「バービエ・レータ」
婦人の夏と呼ぶそうです。

※小春日和を英訳すると、Indian Summer ではありません。
似たような時期に、似たような季節を表現する言葉があるということです。

小春日和のあれこれ~季節・季語・名前

小春日和は誰が決めるの?

気象予報士によって「小春日和」かどうか、
判断されます。

一定の基準があるようですが、予報士によって違いがあるそうです。

「晩秋から初冬にかけての暖かく穏やかな晴天」が気象庁の定義。
これだと、時期の解釈で人によって変わってきますよね。

テレビ局の予報士によって、「今日は小春日和ですね」と、
言う人と言わない人が出てくるのですね。

小春の使い方

文章で使う場合、
「暖かで春のよう」と形容する場面で使います。

昨日も今日も秋の日はよく晴れて、げに小春の天気、
仕事するにも、散策を試みるにも、また書を読むにも申し分ない
気候である。
小春 国木田独歩

そのうち秋が小春になった。
文鳥 夏目漱石

そう言えば今年の秋も、もういつか小春になってしまった。
樗牛の事 芥川龍之介

小春空(こはる・ぞら) 小春の頃のうららかに晴れた空。

小春凪(こはる・なぎ) 小春の頃の海のなぎ。

小春日(こはる・び) 小春の頃のうららかな日。その日差し。

その小春ちゃんは間違い?

2014年、文化庁が発表した「国語に関する調査」によると、
「初冬の頃の、穏やかで暖かな天気」で使う人が51.7%。
本来の意味とは違う、
「春先の頃の、穏やかで暖かな天気」で使う人が41.7%。

約半分の人びとが、間違って使っている結果になりました。

小(こ)」が名詞の前につくと、小雨、小石、小江戸など、
小さい、小規模のといった意味が接頭語として付きます。

「小春」は、小さい春だから~春のような、春の前触れと連想しても
変ではないですよね。

しかし、冬の前の秋。
晩秋の頃を「小春」と呼ぶのでした。

だからといって、名前の「小春」ちゃんはOKだと思います。
大アリです。
10月や秋専用ではなく、2月~4月はもちろん、
いつの季節でも名付けて良いと。

小春とは、春の「兆し」。
みなが待ち望む吉兆の意味でもあるのですから。
響きも素敵ですしね。

小春日和の季語

小春日和の季語は「
晩秋から初冬のあたりの晴れた気候のこと。

1月、2月の暖かい気候のことを、
「小春日和」とするのは、誤用。

季節は冬=小春日和=冬の季語
だからといって、2月の冬ではありません。

冬日和、冬晴れ、冬うらら、冬麗(とうれい)、など、
冬(1月)の暖かさを表現する言葉は他にもあります。

まとめ

小春日和について、あれこれと書き記しました。

小春日和とは、
秋にカラッと晴れる日(々)のことを意味するのでした。

小春は、旧暦10月(神無月)の別名称~
旧暦10月から、今の11月頃を指す言葉です。

インディアン・サマーは、小春日和の英訳ではなく、
同じような季節の名称をいうのでした。

また、「小春」という名前は秋限定ではなく、
好みの問題だということでした。

5月に生まれていない「星花」さんや
8月生まれでない「葉月」さんは、たくさんおられますから。

以上、小春日和についてでした。

Sports

Tags

-, 言葉