言葉

来年・明年・翌年の違いと意味の比較~反対語や丁寧語はなに?

2019年9月6日

かたい

生活 言葉

2021/11/7

コチコチに「かたい」はどの字が正解?「固・堅・硬」の違い

頭がコチコチにかたいは、「固」 コチコチにかたまった土は、「堅」 冷凍でコチコチにかたくなった肉は、「硬」 「かたい」の使い方の違い。 表や一覧にしてまとめてみました。 パッと見てやって下さい。

ReadMore

ピンキリ

言葉

2019/10/7

「ピン」と「キリ」は上下も意味も「ピンキリ」なのです

ピンキリの「ピン」とは。 ピンキリの「キリ」とは。 どっちが上でどっちが下か。 ピンからキリまでとは、 どういう意味か。 時代によって変わってしまった、 ピンキリの上下を由来を含めて、 解説します。

ReadMore

投函

生活 言葉

2019/10/6

郵便物を投函?ポストに投函?意味と行動・3つの「どっち」

ポストと投函にまつわる表現の違い。 利用の仕方についての違いを紹介します。 ・「どっち」が正しい投函の表現か。 ・郵便局かポストか「どっち」が早いのか。 ・2口ポストの「どっち」に投函するのか。 3つの「どっち」に答えようと思います。

ReadMore

森林

言葉

2019/10/3

「山,森,林」の違い「木,樹」の使い分けは「生え方」が大事!

「林」も「森」も辞書では、 「木々が生い茂っている場所」、 「樹木が群がり生えている場所」とあります。 (当たり前ですが)どの辞書にも同じような説明があり、 違いがみえてきません。 日本の「山」には、木が生えています。 これは、世界では珍しいことです。 「日本の山」とは、「日本の森」と言い換えても 良いくらい、山が森になっています。 山と森と林。 どう区別するのか、意味や違い。 語源などをみていきましょう。

ReadMore

山岳峰

言葉

2019/10/2

「山・岳・峰」の違い~〇〇山と〇〇岳はどっちが高い?

「山・岳・峰」の違いは何か。 はっきりした定義や基準はないのですが、 一定の基準や違いがあります。 〇〇山と〇〇岳の違い。 山の数え方。 漢字の成り立ちからも 「山、岳、峰」の違いがわかります。 一緒にみていきましょう。

ReadMore

パラレル

言葉

2019/10/1

「並行・平行・併行・平衡」の違いと意味を比べてみました

あなたと私の意見は、 「へいこう-線」をたどったままだ。 体育祭と文化祭の準備を「へいこう」して行う。 パラレルワールドとは「へいこう-世界」のことだ。 「へいこう」は、平行、並行、併行。 それとも、平衡のどれなのか。 読んでもらえば、すぐにわかります。 一緒にみていきましょう。

ReadMore

六曜

Culture 言葉

2021/11/16

「六曜」暦の読み方とそれぞれの意味~吉凶判断まで

「大安」「友引」「先勝」・・・。 私たちの生活の中にしっかりと、 息づく昔ながらの暦(こよみ)。 普通のカレンダーにのるくらい、 一般的な吉凶判断。 あるいは、占い? この「六曜(ろくよう)」というもの。 人びとが意識するようになったのは、 実は最近のこと。 新しいものだったりします。 「六曜」とはどんなものか。 一緒にみていきましょう。

ReadMore

言葉

2021/11/13

「習得・修得・取得」の意味と違いは分解するとすぐわかる!

例文 次の例文で用いる語句は、 「習得・修得・取得」のいずれかである。 ◯に入るそれぞれの語はなに? 運転技術を◯得して、 仮免試験の知識を◯得。 晴れて、運転免許を◯得できた。 答えは、まとめに記します。 読んでもらえば、すぐにわかるよ!

ReadMore

比較
来年と明年の違いとは。

来年と去年、前年と翌年では、
どう違うか。
昨年、旧年、新年では?

違いや使い方はどうか。
丁寧な言い方はどちらか?

重複しますが、比べて解説しています。

来年と明年、翌年の違い

来年】らいねん
今年の次の年のこと。
今年を基準にする場合の次の年。

例)来年は2030年。
「2029年の来年」は間違い。

翌年】よくねん、よくとし
その次の年のこと。
ある年を基準にする場合の次の年。

2029年の翌年は2030年。
「今年」の次の年 ⇒「来年」
「翌年は2030年」は間違い。

「翌年」は文章で使うことが多い。

明年】みょうねん、あくるとし
今年の次の年のこと。
来年と同じ意味。
(より改まった言い方、公的)明年 あくるとし
みょうねんと同じ意味。
新しい年。新年。元日。
明くる年
送り仮名(明・くる・年)が入ると翌年と同じ意味。

※明年は、あまり使わなくなりました。
マスメディアの「用字用語辞典」だと、
『「明年」を「来年」と言い換える』とあります。
「明日(みょうにち)」もあまり、言わなくなりましたね。

使い方
〔来年〕
▽来年の今ごろまでには、きっと手に入れるぞ。
▽来年の計画を立てよう。
〔明年〕
▽スタジアムは明年の秋に完成するはずだ。
〔翌年〕
▽結婚した翌年、長女が生まれた。

「よくねん」と「よくとし」の違い

音読みか訓読み(重箱読み)かの違い。

より改まった言い方が「よくねん」
より私的な言い方が「よくとし」

重箱読み(じゅうばこよみ)とは、変則的な読み方のひとつ。
語の上の字を音、語の下の字を訓として読む「重箱」
のようね重ね読みのこと。

前年と翌年の違い

前年】ぜんねん
その前の年のこと。
ある年を基準にする場合の前の年。

前年は昨年と同じ。
以前のある年≒先年(前年よりは遠い時点・過去)

翌年】よくねん よくとし
上の説明に同じ。
前年と反対(基準となる次の年)が翌年。

使い方
〔前年〕
▽収穫は前年の2倍になった。
▽大学を卒業する前年の春であった。

来年と去年の違い

去年】きょねん
今年の前の年のこと。
今年を基準にする場合の前の年。
去年は昨年と同じ。

来年
上の説明に同じ。
去年と反対(今年の次の年)が来年。
去年と来年は会話言葉
より私的でフランクな言い方。

丁寧な言い方。公(おおやけ)の表現だと、
去年を「昨年」、来年を「明年」とする。

使い方
〔去年〕
▽去年の冬は寒かったね。
▽去年の夏は海に行った。

明年と昨年の違い

昨年】さくねん
今年の前の年のこと。
去年と同じ。

【明年】
上の説明に同じ。
昨年と反対(今年の次の年)が明年。

使い方
〔昨年〕
▽それは昨年に発売された商品だ。
▽昨年の九州場所から休場している。

今年と本年の違い

今年】こんねん、ことし
この年。ことし。
現在、現時点のとし。こんねん。【本年】ほんねん
ことし。当年。

今年も本年も同じ意味です。
今年は、通常の普通語、普通文で使います。
本年は、より丁寧な言葉です。目上の方や公な場面で使います。

旧年と新年の違い

旧年】きゅうねん
〈新年にいう〉去年、昨年。
新年】しんねん
 あたらしい年。あらたまった年。年の始め。

「旧年」も「新年」も、年の初めに言う言葉。
旧年は特にお正月に使う季語。

旧年の反対は、新年。

使い方
〔旧年〕
▽旧年のご厚情に感謝申し上げます。
〔新年〕
▽新年おめでとうございます。
▽新年、早々に風邪をひいた。

同義語と反対語、丁寧な言葉

同義
来年=明年
去年=旧年
去年=昨年
前年=昨年
翌年=明くる年

反対語
前年⇔翌年
昨年⇔明年
去年⇔来年
旧年⇔新年

より丁寧な言葉
今年⇒本年
去年⇒昨年
去年⇒旧年
来年⇒明年
おととし⇒一昨年(いっさくねん)

まとめ

来年と明年は今年の次の年。
翌年と明くる年はその次の年。

去年と昨年、旧年は今年の前の年。
前年はその前の年。

今年と本年は、この年。

Sports

Tags

-, 言葉
-,