言葉

「ズバリ」の語源・意味や使い方を「ずばり」言うよ!

かたい

生活 言葉

2021/11/7

コチコチに「かたい」はどの字が正解?「固・堅・硬」の違い

頭がコチコチにかたいは、「固」 コチコチにかたまった土は、「堅」 冷凍でコチコチにかたくなった肉は、「硬」 「かたい」の使い方の違い。 表や一覧にしてまとめてみました。 パッと見てやって下さい。

ReadMore

ピンキリ

言葉

2019/10/7

「ピン」と「キリ」は上下も意味も「ピンキリ」なのです

ピンキリの「ピン」とは。 ピンキリの「キリ」とは。 どっちが上でどっちが下か。 ピンからキリまでとは、 どういう意味か。 時代によって変わってしまった、 ピンキリの上下を由来を含めて、 解説します。

ReadMore

投函

生活 言葉

2019/10/6

郵便物を投函?ポストに投函?意味と行動・3つの「どっち」

ポストと投函にまつわる表現の違い。 利用の仕方についての違いを紹介します。 ・「どっち」が正しい投函の表現か。 ・郵便局かポストか「どっち」が早いのか。 ・2口ポストの「どっち」に投函するのか。 3つの「どっち」に答えようと思います。

ReadMore

森林

言葉

2019/10/3

「山,森,林」の違い「木,樹」の使い分けは「生え方」が大事!

「林」も「森」も辞書では、 「木々が生い茂っている場所」、 「樹木が群がり生えている場所」とあります。 (当たり前ですが)どの辞書にも同じような説明があり、 違いがみえてきません。 日本の「山」には、木が生えています。 これは、世界では珍しいことです。 「日本の山」とは、「日本の森」と言い換えても 良いくらい、山が森になっています。 山と森と林。 どう区別するのか、意味や違い。 語源などをみていきましょう。

ReadMore

山岳峰

言葉

2019/10/2

「山・岳・峰」の違い~〇〇山と〇〇岳はどっちが高い?

「山・岳・峰」の違いは何か。 はっきりした定義や基準はないのですが、 一定の基準や違いがあります。 〇〇山と〇〇岳の違い。 山の数え方。 漢字の成り立ちからも 「山、岳、峰」の違いがわかります。 一緒にみていきましょう。

ReadMore

パラレル

言葉

2019/10/1

「並行・平行・併行・平衡」の違いと意味を比べてみました

あなたと私の意見は、 「へいこう-線」をたどったままだ。 体育祭と文化祭の準備を「へいこう」して行う。 パラレルワールドとは「へいこう-世界」のことだ。 「へいこう」は、平行、並行、併行。 それとも、平衡のどれなのか。 読んでもらえば、すぐにわかります。 一緒にみていきましょう。

ReadMore

六曜

Culture 言葉

2021/11/16

「六曜」暦の読み方とそれぞれの意味~吉凶判断まで

「大安」「友引」「先勝」・・・。 私たちの生活の中にしっかりと、 息づく昔ながらの暦(こよみ)。 普通のカレンダーにのるくらい、 一般的な吉凶判断。 あるいは、占い? この「六曜(ろくよう)」というもの。 人びとが意識するようになったのは、 実は最近のこと。 新しいものだったりします。 「六曜」とはどんなものか。 一緒にみていきましょう。

ReadMore

言葉

2021/11/13

「習得・修得・取得」の意味と違いは分解するとすぐわかる!

例文 次の例文で用いる語句は、 「習得・修得・取得」のいずれかである。 ◯に入るそれぞれの語はなに? 運転技術を◯得して、 仮免試験の知識を◯得。 晴れて、運転免許を◯得できた。 答えは、まとめに記します。 読んでもらえば、すぐにわかるよ!

ReadMore

ずばり
アニメ「ちびまる子ちゃん」でもお馴染み、
丸尾くんのいつものセリフ、
「ズバリ!◯◯でしょう!」

この「ズバリ」はどこから来たのか。
どんな意味や使い方があるのか。

ずばり、ズバズバと解説します!

「ズバリ」の意味とは?

まずは辞書で確認してみましょう。

①一気に刺したり切りつけたりするさま。
「―と切り裂く」
②物事の急所や核心を確実につくさま。
「―と言い切る」
広辞苑 第5版 岩波書店

ズバリの意味
刀などの刃物で勢いよく切り落とす。
物事、事柄の要点や中心を力強くぴったりとつくようす。

「語源」と言うほどの明確な由来は不明なようです。
いつの頃からか、皆が使い始めた言葉です。

鎌倉時代の『源平盛衰記』にも、
「物を軽くなでさするさま」と「ずばり」の記述がある。
(意味するところは、違います)

ただ、文章に残るようになったのは、近代日本語が生まれる時代。
明治時代より、多く使われる表現です。

昔の日本人は、゛(濁点)を書くことを嫌っていました。
濁点を不浄なものと考えていました。
会話で「ずばり」と言っても、文章では「すはり」

刃物を連想する「ずばり」という言葉は、生々しく
避けられたのでしょう。
古くからあっても、文章には残らなかったように思います。

ずばりの仲間

そのものずばり
NHKラジオ番組「二重の扉」から普及した言葉。

〈意味〉
端的な言い回し。
回りくどい言い方をせず、核心に触れる。

〈使い方〉
1人称 「そのものずばり」言わせてもらうけど、~
2人称 あなたが指摘したことは「そのものずばり」です。
3人称 彼は会議で「そのものずばり」発言して、皆がハッとなった。

ずばりずばり・ずばずば
ずばり-ずばり
「ずばり」の繰り返し。
◯何度も、勢いよく(激しく)、突く・切るの動作をすること。

名語記(1275)~鎌倉時代の辞書から
「ずばりずばりときる 如何、すくはたれりの反、すくひられりの反」
島崎藤村『夜明け前』より引用
「天井板をずばりずばり 槍で突き上げる」

◯物事の核心、急所を重ねて、強くついていくこと。

ずばずば
◯続けて、思い切りよく、核心・急所をつくこと。
◯小気味よく、又は無遠慮に続ける様子。

「ずばり」の類語と使い方

「ずばり」は副詞であり、
擬音語(オノマトペ)」でもあります。

「ずばり」や「ズバズバ」、
「ずばりずばり」「ずばっ」という言葉を用いる時は、
その言葉の後に『』が付きます。

省略されたり、隠されたりする時もありますが、

相手の思いを「ずばり」(と)言い当てる。
魚の尾を「ずばり」(と)切り落とす。
答えを「ズバッ」(と)的中させる。

このように、多くのケースで「と」を伴って使用できます。

使い方で気をつけるポイントですね。

「ずばり」と言えば、次の四文字熟語を思いつきます。
単刀直入
ずばりの類語でもありますね。

単刀直入とは、
①一人で敵陣に切り込むこと。
②前置きなしに、問題の要点をつくこと。
(短刀直入は、間違い)

「ずばり単刀直入に言う」など、
「ずばり」と似ていて相性のいい言葉ですね。

他の類語をみていきましょう。

率直に、正直に、端的に
正に、正確に、正しく、ぴったりと、ぴたっと、ぴたり、
きちんと、きっちり、はっきりと、ちょうど、ちゃんと
ストレートに、フランクに、ぶっちゃけて、
端的に、単刀直入に、歯に衣着せず、舌鋒鋭く

結びつく語
ずばり~
ずばり言う
ずばり命ずる
ずばり浴びせる
ずばり答え
ずばり指摘
ずばり聞く
ずばり的中
ずばりだ
ずばりしかる

~ずばり~
そのものずばり
ずばりずばり
こんなないずばり
やがてずばり
さらにずばり
やにわにずばり

〈ずばりの使い方と例文〉
ずばり議論の余地もない証拠のようなものがほしいんです!
ドストエフスキー/北垣信行訳『罪と罰(中)』

ヴォルデモートが最後にそこにいたという噂のある場所ずばりだ。
ローリング『ハリー・ポッターと炎のゴブレット(上)』

怪しい点は多々あっても、ずばり大きな摘発が出来ていないという意味であった。
山崎豊子『華麗なる一族 中』

ずばりといわれたときには、予期していたことながら、
さすがに於蝶も胸をつかれる思いがした。
池波正太郎『蝶の戦記 上』

その点をわたしはずばりと切りこんだ。
和田はつ子『薬師』

英語

英訳、直訳を含めて列記すると、

bluntly,directly,exaecly,flat,just,mighty,mightily,
powerful,precisely,right,straight,straightforward

ずばりと言う
speak out
frankly speaking
say point-blank

まとめ

ズバリとは、切り落とすの意と要点を突くという意味でした。

ズバズバやずばりずばりといった派生語。

「と」をズバリの前に置くケースと省略する場合があり、
とを付けると意味が通りやすくなるのでした。

Sports

Tags

-言葉
-,