音楽

SoundCloudはやっぱりなくなるかもしれない

2017年9月12日

かたい

生活 言葉

2021/11/7

コチコチに「かたい」はどの字が正解?「固・堅・硬」の違い

頭がコチコチにかたいは、「固」 コチコチにかたまった土は、「堅」 冷凍でコチコチにかたくなった肉は、「硬」 「かたい」の使い方の違い。 表や一覧にしてまとめてみました。 パッと見てやって下さい。

ReadMore

ピンキリ

言葉

2019/10/7

「ピン」と「キリ」は上下も意味も「ピンキリ」なのです

ピンキリの「ピン」とは。 ピンキリの「キリ」とは。 どっちが上でどっちが下か。 ピンからキリまでとは、 どういう意味か。 時代によって変わってしまった、 ピンキリの上下を由来を含めて、 解説します。

ReadMore

投函

生活 言葉

2019/10/6

郵便物を投函?ポストに投函?意味と行動・3つの「どっち」

ポストと投函にまつわる表現の違い。 利用の仕方についての違いを紹介します。 ・「どっち」が正しい投函の表現か。 ・郵便局かポストか「どっち」が早いのか。 ・2口ポストの「どっち」に投函するのか。 3つの「どっち」に答えようと思います。

ReadMore

森林

言葉

2019/10/3

「山,森,林」の違い「木,樹」の使い分けは「生え方」が大事!

「林」も「森」も辞書では、 「木々が生い茂っている場所」、 「樹木が群がり生えている場所」とあります。 (当たり前ですが)どの辞書にも同じような説明があり、 違いがみえてきません。 日本の「山」には、木が生えています。 これは、世界では珍しいことです。 「日本の山」とは、「日本の森」と言い換えても 良いくらい、山が森になっています。 山と森と林。 どう区別するのか、意味や違い。 語源などをみていきましょう。

ReadMore

山岳峰

言葉

2019/10/2

「山・岳・峰」の違い~〇〇山と〇〇岳はどっちが高い?

「山・岳・峰」の違いは何か。 はっきりした定義や基準はないのですが、 一定の基準や違いがあります。 〇〇山と〇〇岳の違い。 山の数え方。 漢字の成り立ちからも 「山、岳、峰」の違いがわかります。 一緒にみていきましょう。

ReadMore

パラレル

言葉

2019/10/1

「並行・平行・併行・平衡」の違いと意味を比べてみました

あなたと私の意見は、 「へいこう-線」をたどったままだ。 体育祭と文化祭の準備を「へいこう」して行う。 パラレルワールドとは「へいこう-世界」のことだ。 「へいこう」は、平行、並行、併行。 それとも、平衡のどれなのか。 読んでもらえば、すぐにわかります。 一緒にみていきましょう。

ReadMore

六曜

Culture 言葉

2021/11/16

「六曜」暦の読み方とそれぞれの意味~吉凶判断まで

「大安」「友引」「先勝」・・・。 私たちの生活の中にしっかりと、 息づく昔ながらの暦(こよみ)。 普通のカレンダーにのるくらい、 一般的な吉凶判断。 あるいは、占い? この「六曜(ろくよう)」というもの。 人びとが意識するようになったのは、 実は最近のこと。 新しいものだったりします。 「六曜」とはどんなものか。 一緒にみていきましょう。

ReadMore

言葉

2021/11/13

「習得・修得・取得」の意味と違いは分解するとすぐわかる!

例文 次の例文で用いる語句は、 「習得・修得・取得」のいずれかである。 ◯に入るそれぞれの語はなに? 運転技術を◯得して、 仮免試験の知識を◯得。 晴れて、運転免許を◯得できた。 答えは、まとめに記します。 読んでもらえば、すぐにわかるよ!

ReadMore

soundcloud

SoundCloudがなくなってしまうかもしれない。あぁ、またか。
そう、思われた方も多いと思う。
危機だと言われても、乗り切り存続しているではないかと。
7月に従業員を前にして前CEOさんも言っておられた。
私らは唯一無二だ~みたいなことを。詳しくは、こちら

確かにアーティストとリスナーが共有空間で集う場、高い利便性と機能性を備えた素晴らしいサービスとプラットフォームが今なお、厳然と存在してくれてます。
資金難の報道が出ては、救済されてきたのだけれど・・・。
どうやらユーザー数が減っているらしい。これでは、お金が回らなくなっていく。
いよいよ危機的な状況だと思うのです。

1億超えというユーザー数を誇っていたけど、このSimilar Webというサイトさん調べによると、そのユーザーが激減しているらしい。
どのくらい減っているのか?総アクセス数が2016年初頭の4億アクセスから2017年5月時点で、3億アクセスを下回ったとのこと。
対するSpotifyは、副社長のBrian Benddik氏が「Spotify for Brands」で総アクティブ・ユーザー数が1億4000万人を越えたよ(*ノω・*)テヘと、発表。

Today we’re happy to announce 140 million users on Spotify! To put it another way, that’s one million for every single character in this twe

— Spotify (@Spotify) June 15, 2017

有料会員も6000万人越えと、Apple Musicの2倍強の数字に急成長。
ライバルとされるSpotifyは好調で安定した広告収入があるとのこと。

Googleトレンドを見ていたら、確かに検索件数も下降線を辿っている。

2014年12月に検索件数がデッドクロスしてから、Spotifyの後塵を拝する。
そのSpotifyさんからの買収提案は2016年暮れに破談。
2017年に入り、3月と8月に融資を受け危機は脱したと思っていたのに・・・。

SoundCloudは7月、従業員173人のレイオフをアナウンス。
これは全体の40%にあたるらしい。

新しいCEOは元VimeoのCEOだったKerry Trainor氏。
海外のサイトを眺めていたら新しいCEOに変わっても再建は難しいのではないか?と、いったものが大勢でした。

長年、利用してきた者にとって愛着があるSoundCloud。
「MySpace」という音楽ポータルサイトからSoundCloudへ気軽に乗り移ってきたことと同じことが出来るのか?
乗り気ではないのですが、代替サイトを探してみました。

自作データを気軽にアップロードできること。その制限はどれくらい?
SNSやブログ等で公開・共有する機能。その機能の操作性と凡庸性は?
SoundCloudから移行できるの?
フォーマットは?
有料バージョンはおいくら万円?
以上のことを気にしながら探したのですが・・・

 

満足できる代替案はない。

どのサイトも一長一短でした。
SoundCloudから移行できる機能を最重視すると、hearthis.atとFanburstに絞られます。
両者ともアップロードと再生の縛りが、SoundCloudよりも優れていてお得。
hearthis.atは1週間に1GB、Fanburstは1曲1GB(えっ!無制限!?)のアップロードが可能。
hearthis.atは、SoundCloudに機能も操作性も似ていてプレミア料金も年間3,000円前後で安い。
ポッドキャストに対応し、SoundCloudのプレイリストも移行できる。
Fanburstはサクサク動くシンプルな無料サイト。twitterとinstagramが連携あり。

こう書くと、なかなか魅力的なのです。
サービスもプラットフォームの質も悪くないのです。
欠点はユーザーが少ないので、おのずとお気に入りの曲も少なくなるし、公開しても接触機会が少なくなるということ。

結局、SoundCloudしか選択肢は今のところないと思う理由。

それは、多くの人が集まる場所だからです。
YouTubeやSpotifyのただの人数の多さではなく、音楽好きのエンスージアストがいるからこその魅力がSoundCloudにはあります。
やはり、趣味度の高いユーザー数が音楽とリスナーの質を高めているんだと思います。

ユーザー数が激減してるとはいえ、今までなされたアップロードのボリュームも蓄積も唯一です。
ストリーミングサイトとしての比較では、ユーザー数が減っています。
しかし、SNSの投稿や共有サイトとしてカウントすると圧倒的なユーザー数です。

長々と書いてしまいました。
代替案を示して移行方法だとかを書こうとしたのですが・・・様子見することにしました。

私の結論は、「やっぱりSoundCloudに踏ん張って欲しい!」です。

Sports

Tags

-音楽
-