生活 言葉

てっさてっちりの意味を知り2月9日毒に注意して食べよう!

2017年11月9日

かたい

生活 言葉

2021/11/7

コチコチに「かたい」はどの字が正解?「固・堅・硬」の違い

頭がコチコチにかたいは、「固」 コチコチにかたまった土は、「堅」 冷凍でコチコチにかたくなった肉は、「硬」 「かたい」の使い方の違い。 表や一覧にしてまとめてみました。 パッと見てやって下さい。

ReadMore

ピンキリ

言葉

2019/10/7

「ピン」と「キリ」は上下も意味も「ピンキリ」なのです

ピンキリの「ピン」とは。 ピンキリの「キリ」とは。 どっちが上でどっちが下か。 ピンからキリまでとは、 どういう意味か。 時代によって変わってしまった、 ピンキリの上下を由来を含めて、 解説します。

ReadMore

投函

生活 言葉

2019/10/6

郵便物を投函?ポストに投函?意味と行動・3つの「どっち」

ポストと投函にまつわる表現の違い。 利用の仕方についての違いを紹介します。 ・「どっち」が正しい投函の表現か。 ・郵便局かポストか「どっち」が早いのか。 ・2口ポストの「どっち」に投函するのか。 3つの「どっち」に答えようと思います。

ReadMore

森林

言葉

2019/10/3

「山,森,林」の違い「木,樹」の使い分けは「生え方」が大事!

「林」も「森」も辞書では、 「木々が生い茂っている場所」、 「樹木が群がり生えている場所」とあります。 (当たり前ですが)どの辞書にも同じような説明があり、 違いがみえてきません。 日本の「山」には、木が生えています。 これは、世界では珍しいことです。 「日本の山」とは、「日本の森」と言い換えても 良いくらい、山が森になっています。 山と森と林。 どう区別するのか、意味や違い。 語源などをみていきましょう。

ReadMore

山岳峰

言葉

2019/10/2

「山・岳・峰」の違い~〇〇山と〇〇岳はどっちが高い?

「山・岳・峰」の違いは何か。 はっきりした定義や基準はないのですが、 一定の基準や違いがあります。 〇〇山と〇〇岳の違い。 山の数え方。 漢字の成り立ちからも 「山、岳、峰」の違いがわかります。 一緒にみていきましょう。

ReadMore

パラレル

言葉

2019/10/1

「並行・平行・併行・平衡」の違いと意味を比べてみました

あなたと私の意見は、 「へいこう-線」をたどったままだ。 体育祭と文化祭の準備を「へいこう」して行う。 パラレルワールドとは「へいこう-世界」のことだ。 「へいこう」は、平行、並行、併行。 それとも、平衡のどれなのか。 読んでもらえば、すぐにわかります。 一緒にみていきましょう。

ReadMore

六曜

Culture 言葉

2021/11/16

「六曜」暦の読み方とそれぞれの意味~吉凶判断まで

「大安」「友引」「先勝」・・・。 私たちの生活の中にしっかりと、 息づく昔ながらの暦(こよみ)。 普通のカレンダーにのるくらい、 一般的な吉凶判断。 あるいは、占い? この「六曜(ろくよう)」というもの。 人びとが意識するようになったのは、 実は最近のこと。 新しいものだったりします。 「六曜」とはどんなものか。 一緒にみていきましょう。

ReadMore

言葉

2021/11/13

「習得・修得・取得」の意味と違いは分解するとすぐわかる!

例文 次の例文で用いる語句は、 「習得・修得・取得」のいずれかである。 ◯に入るそれぞれの語はなに? 運転技術を◯得して、 仮免試験の知識を◯得。 晴れて、運転免許を◯得できた。 答えは、まとめに記します。 読んでもらえば、すぐにわかるよ!

ReadMore

てっさ ふぐ料理
てっさの意味とは?
てっちりとは?
その意味や由来の紹介です。
2月9日は何の日?
話に関連させて湧いてくる疑問の数々。
一挙にお答え致します。

てっさとは?その意味と語源

てっさとは、関西地方特に大阪で使われるフグの刺身の呼び方です。
元々は、「てっぽう」のさしみに由来します。
フグは毒を持っています。
てっぽうに当たれば死ぬかもしれない。
よって、鉄砲の刺身が変化して「てっさ」と呼ばれるようになりました。

東京・江戸で当時、禁止されていた「ふぐでも食べようか」を隠語で「てっぽうでも食べようか」がなぜか、関西だけに残りました。

ちなみに、なぜ大阪でふぐが盛んなのか?
単に、大阪でふぐの調理免許が他県より簡単に取得できたからです。
大阪湾でのふぐの漁獲高は、微々たるものです。
大阪の人が得意気に「てっさ」の意味を言ってきたら、このことを教えてあげましょう。
つけ加えると、てっちりの「ちり」はだし鍋の総称のことを言います。

ふぐの調理師さんが多いとそれだけ、競争も激しく安くておいしいフグを食べる機会が増えます。
秀吉公がフグを禁止したにも関わらず、明治の解禁を待たずに大阪の人は今も昔も、フグを食していたそうです。
「さすが、食い道楽の大阪ですね」と、褒めてあげるのも忘れずに。

関西はもとより全国へも出荷するフグの一大拠点、山口県下関ではてっさをふぐ刺し、又はふく刺しと書きます。
明治初期、伊藤博文公が下関を訪れるも、海が荒れていて美味しい魚を料亭が提供できませんでした。下関に来たのに魚が食べれないとは・・・女将に言うと、当時禁止されたフグをもてなされ、いたく感動したらしい。
よって、山口県は他に先駆けて解禁になり発展して今に至りました。

昔々は、フグのことを「布久(ふく)」や「布久閉(ふくへ)」と呼び、江戸時代になると「ふく」「ふぐ」「ふくべ」「ふくへ」「ふくとう」など呼称は様々ですが、腹をふくらます=ふくるるから由来します。
フグは縄文時代の貝塚からも、食べた痕跡が見つかっており、平安時代の書物にも登場します。

フグを「不具」や「不遇」を嫌い、「福」とかけて「フク」と呼ぶのは山口県のほかに、北九州や福岡でも。
瀬戸内海では、ナシフグ、ヒガンフグと呼びます。
他に、みのおわりを「身の終わり」や「美濃・尾張」とかけて「ナゴヤ」と呼ぶことも。
千葉県の銚子では、めったに当たらないから転じて「宝くじ=富(トミ)くじ」からトミが呼び名に。
鹿児島では、毒に当たって10回転んで苦しむが転じて、「十転倒」がなまり、「ジュッテントン」と呼ぶところも。
長崎では、「龕桶(がんばこ)」に入る危険があっても食べたいの意から、「ガンバ」と呼ぶのだとか。
地方々で、呼び名が違って面白いですね。
日本人は、命を張って太古からフグを食してきたのだと呼び名からも窺い知れます。

フグを漢字で「河豚」と書くのは、中国由来なのだとか。
中国のメフグという魚は河にも遡上します。
怒ると膨れて豚のようだと「河豚」となったようです。
ちなみに、中国ではイルカを「海豚」と書きます。
日本でも、数種類の漢字でイルカを表現しますが「海豚」もその1つです。

フグを食べたきゃ2月9日を狙おう

旬の時期はいつか?
10月下旬から2月頃までが旬の時期になります。
長くて、秋の彼岸入りから春の彼岸入りまで。
9月中旬から3月中旬までの期間をさすこともあります。

下関ふく連盟が1981年に制定した「2月9日(フク)の日」は、ちょうど冬の一番寒い、食べ頃の時期を迎えます。
ふくの日と制定されている割には、一般的にフグの日と呼ばれています。
フグの専門店なのでは2月9日にキャンペーンをすることが多く、中には29円で提供するお店も。

9月29日、フグの出荷が多くなるこの時期を29からフグの日を呼ぼうとする動きもありますが、肉の日に負けてしまっていますね。
ならばと、10月29日を語呂から「トラフグの日」、
また、11月29日の語呂で、食べた人に良い福が訪れるようにと制定された「いいフグの日」もありますが・・・。

多々ある「ふぐの日・ふくの日」。
どれも由来というほどの歴史はなく、すべて語呂合わせからですが、どの日も、ふぐ料理や温かい鍋料理が美味しくなる、秋の終わりから冬にかけて集中していますね。
ふぐは産卵期前の2月頃が、もっとも身が美味しいともいわれていますので、ふぐの日の中でも、厳寒の「2月9日」が特におすすめ、狙い目です。

関西で「てっさ・てっちり」と呼ぶ、「ふぐ刺しとフグ鍋」が代表的な食し方です。
フグの身には、旨味成分が他の白身魚より多く含まれています。
身が引き締まって、歯ごたえがあるので薄く切っても旨味があって美味しいです。
鍋にすると、その旨味が広がるので少ないダシでいただけるわけです。
高タンパクで低カロリー、タウリンやセレンといった血液改善や免疫機能を高める成分が多く含まれていいます。
他に、白子や唐揚げ、ふぐ雑炊。
ひれ酒としても楽しめます。
フグは、フルコースで楽しめる食材なので専門店が流行るわけですね。

調理法も科学的に、確立されフグに当たったらニュースになるくらい珍しいことになりました。
カワハギと間違えて食べて、毒に当たってしまう方ならいますが。

昔から、命を賭して楽しまれたフグ料理。
今は、フグを食すまでのアクセスで事故に会う確率の方が高いくらいです。
ならば食べねばなりません。
私も久しぶりにと思い垂涎しつつ紹介して終わらせて頂きます。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

フグのお話のまとめ

てっさ、てっちりとふぐ料理に欠かせない薬味に紅葉おろしがあります。
あの、もみじおろし。
最近になって、もみじと関係あるのは色だけだとわかりました。
大根に鷹の爪を加えて、すりおろしているのだとか。
にんじんを加える場合も、あるそうですが栄養的に良い組み合わせではないようです。

フグって、たくさん食べられるのにその生態は詳しく分かっていないのだそうです。
なぜ、毒を持つのか?なぜ、砂にもぐるのか?
逆さまにプカプカ、浮いたりするのはどういう行動か?
実は、産卵回帰性で鮭のように故郷に戻ってきて産卵するのだそうです。
可愛い見かけですが、硬い歯とアゴでカニや貝をも砕いて食べる肉食系です。
毒は、「テトロドトキシン」という神経系の毒で、1gで500人分の致死量があるのだとか。
唇や舌にしびれや麻痺の症状が、第一段階で現れ数十分から数時間で手足に神経へのダメージが来るので人工呼吸しつつ、急いで病院で手当をしないとなりません。
素人が安易に手を出すものではありませんね。

ではでは、これにて終わります。

Sports

Tags

-, 生活, 言葉
-,