間違ってる!?feature(フューチャー)するの意味と音楽用語について

フィーチャー

ちょっと待った!
フューチャーは「未来」のこと。

だけど、featureをフューチャーと
言ってしまう人、続出中なのであります。

そんな「未来(フューチャー)」を変えようと、
フィーチャー(feature)することに。

音楽分野やインスタによく出る、
フィーチャーについて。

意味の違いやら使い方をチェックして
いってください。

フューチャーかフィーチャーか?

「〇〇というヒトが最近、フューチャーされだした!」

この場合のフューチャーは、フィーチャーの言い間違いです。
混同しやすいですが、意味が違ってきます。

「〇〇さんが最近、未来されだした!」は間違い。
「〇〇さんが最近、注目して特集されだした!」が正解ですね。

フューチャーとフィーチャーのカタカナ表記。

futureフューチャー
featureフィーチャー

フィーチャー(feature)の意味

feature
Featureの意味を辞書でみていきましょう。

feature】fíːʧər
「作られたもの」が元の意味

〈名詞〉
1.(目立つ)特徴,特色
2.顔の造作(の1つ);〔-s〕顔立ち,容貌(ぼう),見た目
3.(催し・売出しなどの)目玉商品,呼び物
feature story 〔article〕特集記事
feature film 主要映画作品,創作映画
4.(装置・設置された)機能,機構

〈他動詞〉
1.(記事・人など)を〔~で〕呼び物にする,
 ~を特集する〔on,in〕,~を主演させる
2.~の(著しい)特色をなす,~を特徴づける,
 ~の特徴を描く
3.~を心に描く(米語)
4.~に顔つきが似ている

〈自動詞〉
1.〔~に〕主演する,客演させる
〔~の〕主要な参加者である〔in〕
2.特徴になる
3.考慮する,計画にいれる

ジーニアス英和辞典 第3版
大修館書店より引用
ところどころの補足と注釈はブログ作者による。

featured
〈形容詞〉
1.呼び物の,主演の
2.〔複合〕~な顔つきの,~の機能(装備)

hard-featured 怖い顔の
sharp-featured 目鼻立ちがくっきり
fine-featured 端正な、美しい
full-featured フル装備の

音楽用語フィーチャーリング(feat.,ft.)の意味

フィーチャリング(featuring)の意味とは。
音楽に触れていると、目にする「feat.」や「ft.」という文字。
フィーチャリングを略したものですね。
“feat.”“ft.”の他には、“F/”“f.”とも表記します。
「A featuring with B = feat.」

さて、このフィーチャリングという言葉。
「EDM(Electronic Dance Music)」では、当たり前のように
見かけますよね。
たぶんですが、Jazz分野で使われはじめたのだと思います。
古いJazzアルバムに、「featuring」表記をみかけるので。

意味は、「客演(ゲストとして演じる)する」です。
歌手として出演したり、参加の方法はいろいろです。

〇〇 feat. XX」とある場合、
「〇〇がXXをゲストにむかえた」と言い換えができます。

わざわざ、フィーチャリングと表記するのは、
XXさんというゲストにリスペクト(尊敬)を払っているからです。

通常、大物ゲストや自分よりクラス(ランク)が上の人を呼んで、
「〇〇がXXという大事な人を主役にしていますよ」といった、
意味合いがあるんですね。

一方、「〇〇 with XX」とある場合は、上下の差より
「一緒に、共演」といった意味を持ちます。

コラボレーション(collaboration)
フィーチャリング(feat.)やウィズ(with)と同じように、
使っているのを見かけますが、違います。

withのように、一緒に、共演といった意味もありますが、
共同して「つくった」という意味が強いです。
共に働く、共に作業する、合作。

日本では、「コラボ」と略されて使うことが多い。
音楽のコラボといった場合、「一緒に」という意味で使うことが
多い。
コラボレーションを「x」や「&」で表記することもあります。

カバー(cover)
カヴァーともいう。
曲を発表(演奏)した本人と違う人が発表(演奏)すること。
元は「代役」という意味の言葉。

日本では、本人が違う人の曲を発表(演奏)すると、
セルフカバー」と表現する。

なお、セルフカバーは和製英語

西城秀樹さんがヴィレッジ・ピープルの「Y.M.C.A」を
「ヤングマン」として大ヒット。
カバー曲として有名。

近年では、DA PUMPがカバーしたジョー・イエローの
「U.S.A」がヒットしました。

トリビュート(tribute)
tributeとは、人や素晴らしい行為にたいしての「感謝」、
「賛辞」、「尊敬」の印(しるし)や証(あかし)のこと。

通常は、亡くなったミュージシャンに対して作られるが、
現存している人、違う分野(人・作品)に対して、
または、ベストアルバムにも使うことがある。

例 nujabes tribute
[itemlink post_id="2710"]

功績のあった人、グループを尊敬して称えるために
作られたアルバムを「トリビュート・アルバム」という。

オマージュ(homage)
フランス語表記で「hommage」とMが2つ。
英語は、homage
意味はトリビュートと同じ。

音楽分野での使われ方は、尊敬する作品やアーティストの
影響を受けて創作のヒントを得たという意味で使う。

必ずしも、作品がそっくりだったり似ている必要はない。

インスパイア(inspire)
インスピレーション(inspiration)の動詞。
意味は、「息を吸い込む、霊感を与える、奮い立たせる、
鼓舞、感化、刺激(ひらめき)をあたえる」

オマージュとインスパイアは、芸術作品をコピー(パクる)した人が、
言い訳にしばしば、使う言葉。

こちらもCHECK

YMCA(ヤングマン)とは同性愛賛歌だった!?歌詞の訳や団体について

続きを見る

Culture オリンピック

2022/2/20

カーリングをテーマ(題材)にした漫画と小説を集めてみました

※イラストレーターのEarlさんのカーリングのイラストを使わせていただきました Earlさん、ありがとうございます カーリングを題材にした漫画は、 現在ほとんどありません。 おお~っと思わず感嘆してしまうような大技や、 コンマ1秒を争うスピード感。 そういったものとはどこか一線を画す、カーリング競技。 漫画も、派手な競技シーンはほとんどないです。 心の交流や結束が主テーマとなっているハートフルなものから、 ひたすらギャグに突っ走るものまで、いくつか集まりました。 カーリングが題材のまんが一覧 なかいま強「 ...

ReadMore

2月 Culture Sports オリンピック

2022/2/20

アイスホッケーを題材にした漫画をまとめてみた

アイスホッケーを題材にした漫画は、意外と多いです。 しかし! ちゃんとアイスホッケーが描写された作品は数える程。 ただの記号としてのアイスホッケーものや しっかり描かれた漫画も含めて、 アイスホッケーマンガをまとめてみました。 amazonのkindle版があるものは、 試し読みや1巻が無料で読めたりする作品がありますが、 無料の時期が急に変わったりするので、ご紹介できませんでした。 参考にして下さいませ。 アイスホッケー題材のまんが一覧 スピナマラダ! スピナマラダ! 著者:野田サトル 6巻完結 「氷都 ...

ReadMore

Culture Sports

2022/2/20

フィギュアスケートを題材にした漫画をまとめてみた2★昭和の漫画から平成令和まで

※イラストレーターのEarlさんのフィギュアスケートのイラストを使わせていただきました Earlさん、ありがとうございます   フィギュアスケートを扱ったマンガを集めてまとめました。Part2です。 (Part1はこちら) その数が多いので2回に分けての紹介です。 現実の世界でも素晴らしい活躍をする日本人選手たちが現れるなんて、 当時のマンガ読者は想像できたのだろうか。 もしや漫画の影響かも。 バリエーション豊富なフィギュアスケート漫画をチェックしていって下さい。 フィギュアスケートを題材にした ...

ReadMore

Culture Sports

2022/2/23

フィギュアスケートを題材にした漫画をまとめてみた1★昭和の漫画から平成令和まで

多くの漫画家さんたちをも魅了し、美しいストーリーを紡がせるフィギュアスケート。 フィギュアスケートを題材にしたマンガを2回に分けて、まとめて紹介します。 昭和40年代から平成・令和まで、 あんな人もこんな人もフィギュアスケートを題材に選んでいました。 バレエ、ゴルフ、乗馬と並び、金持ちスポーツとも言われるフィギュアスケート。 才能を開花させ、活躍できる人は一握りなのは どんなプロスポーツも同じですが、 設備や環境が揃わないと、練習を継続させることさえ難しいのが氷上の競技。 華やかさ・優雅さとは裏腹に、厳し ...

ReadMore

ウインタースポーツ漫画

Culture Sports オリンピック

2022/2/20

ウィンタースポーツ(冬競技)漫画って何がある?【まとめ】

※イラストレーターのEarlさんのジャンプのイラストを使わせていただきました Earlさん、ありがとうございます   冬のオリンピックをきっかけに、 ウィンタースポーツをテーマにした漫画をまとめてみました。 意外とあるけど・・・古すぎたり人気がないのか、在庫切れや中古のみが多かったです。 人気作家によるものや良作も発見。 フィギュアスケートを題材にした作品が多いのが冬スポーツ・マンガの傾向? フィギュアスケートとアイスホッケー、カーリングは別の記事に移動しました。 それ以外のウインタースポーツ漫 ...

ReadMore

-言葉, 音楽
-